犬の健康に大切な健康診断の時期とは?

大切な愛犬を、定期的に健康診断に連れていっていますか?

犬も、もちろん病気にかかります。
明らかに、病気の時だけ病院に連れて行くのではなく、定期健診をきちんと受けましょう。
今回は、犬の定期健康診断について、ご紹介します。

病気の早期治療

犬にも人と同じように、いろいろな病気があります。
そして、もし病気にかかった場合は人と同じように早期に治療を行うことが大切です。
早期治療のためには、早期診断が必要となります。

病気の早期発見

飼い主が、早く犬の病気に気付くことは重要なことです。
それには、日頃から犬の状態をよく観察する癖をつけておくことが大切です。
しかし、病気によっては、外見から判断できない病気もたくさんあります。

臓器などの病気は、異常を自覚できないことが多いです。
そのため、早期発見にはそれなりの検査が必要となります。

定期健康診断のメリット

犬は、人よりも寿命が短いと同時に、病気の進行はとても早いです。
飼い主が異変に気付き、動物病院を受診した時には病気が進行していることがあります。
このような状態では、手遅れとなるケースも多いのです。
定期的な健康診断のメリットは、病気の早期発見につながることです。

病気や前兆が早期に発見できれば、治癒の向上や治癒期間が短くなります。
もし、慢性疾患でも初期であれば、病気の進行を抑えることが出来て、延命につながります。
また、健康診断のデータは、後のデータと比べることができます。

そのため、病気の診断がより可能になります。
さらに、検査データの推移を見ることで、病気を予測し、重病になる前に防げます。

定期健康診断の時期

①2ヵ月齢時検診(初回のワクチン接種の時)をします。
②3ヵ月齢時検診(2回目のワクチン接種の時)をします。
③4ヵ月齢時検診(3回目のワクチン接種の時)をします。
④6ヵ月齢時検診(不妊手術の実施前)をします。
⑤5~6歳までは年1回の定期健診をします。
⑥7~8歳以上になったら、年2回の定期健診をします。
⑦10~12歳以上になったら、年3回の定期健診をします。
犬は大体、1年で5~6歳の歳をとります。
高齢になれば、その分、定期健診の回数も増えます。
意外と知られていませんが、犬は歯槽膿漏にもなりやすいのです。
身体検査と同時に、歯の健康も忘れないようにしましょう。

このように、犬の健康には定期健診は欠かせません。
臓器などの病気は、外見からはわからないものです。
必ず病院で診断してもらい、早期発見を目指しましょう。
またもしもの時に備えて、ペット保険の検討も視野に入れておくと良いでしょう。
医療費負担を減らすことができます。

愛犬には、長生きしてもらいたいものです。
そのためにも、しっかりと定期健診を受け、病気の予防に努めましょう。

参考:ペット保険比較ランキング