コーギー犬を飼って困ったこと

コーギー犬を飼って困ったこと、そしてその対処法をご紹介したいと思います。

まず、そのコーギー犬ぞんはペットショップで買いました。
その時の彼女が一人暮らしで一人のときさびしいと言うので買うことになりました。
その後、彼女がとてもアパートでは飼えないといって我が家に来ることになりました。
なぜコーギーにしたかというと、昔から可愛いなと思っていたのですが、
一番安かったからです。
ほかの犬種と比べると5万円ぐらい安かったです。
昔からコーギーのプリプリのお尻がとても気になってもいました。
子犬とあってその可愛さは100倍でした。
まるでぬいぐるみのような可愛さでいつ写真を見ての見とれてしまいます。

しかし飼ってみて思ったことはコーギー犬はむちゃくちゃ活発なことです。
見た目は室内犬のような見た目でしかも胴長短足でずんぐりむっくりしているので、
とても運動が好きな犬種に見えなかったのですが、いざ飼ってみるとぜんぜん違いました。
部屋の中で走り回るは、服は引っ張るは、ものは噛んで壊すは、とても目が離せません。
部屋の中の電気機器はとりあえず届かないところまで上げました。
パソコンでコーギーのことを調べてみると運動量は柴犬よりも上で、シェパードとかと同等の
運動量を誇るようです。
そして一番大変なのは、散歩のときです。
我が家には先住犬の雑種の犬がいるのですが、その犬を目の敵にして吼えて噛み付こうとします。
散歩は一度にするのが楽なので散歩に行くときは必ず二人以上で行かなければなりません。
散歩は先住犬のあとを追うようにするのですが、そのときものすごい引っ張られます。
母などは、ぞんの散歩に行った後は肩が痛くなるほどです。
せめて引っ張りだけは何とかならないかとインターネットで調べたところ、
引っ張り防止の胴輪があることを知り、購入しました。
引っ張り防止の胴輪をつけると以前の引っ張りの半分ぐらいの引っ張りになりました。
もし飼い犬の引っ張りを防止したいのなら、引っ張り防止の胴輪はお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA