ガレージの前

犬に関する出来事

我が家の愛犬、柴犬の女の子で名前はコロと言います。コロが5歳位の時の出来事です。
ある夏の日に私は自宅のガレージの前で、コロの身体を洗っておりました。普段は家の裏庭で飼っているのですが、濡れたままにしておくのは嫌だったので、しばらく毛を乾かす意味でそのままガレージにコロを繋いだままにしておきました。そろそろコロを家の中に入れようと表に出てみたところ、なんとコロがいなくなっていたのです!どうも洗った拍子に首輪がゆるくなってはずれてしまい、首輪と繋いでいたリードだけが残されていました。あわてて近所を探し周りましたが、見つかりません。車にはねられていないかと心配でたまらずアチコチ探し回っても見つかりません。でも犬は匂いを頼りに家に戻って来るという話を聞いた事があるので、探しながら待ってみる事にしました。
でも数日経ってもコロは戻って来ず、とうとう警察に問い合わせする事にしました。すると特徴が似ている犬が保護されているとの事。あわてて警察に出向きましたら、やっぱりコロでした!コロは迎えにきた私を見て大喜びしてくれました。でも、警察からコロが保護されたいきさつを聞いて愕然としました。コロは近所のお宅に上がりこんでいたそうなんです。近所の家の玄関先をウロウロとしていたコロを見つけたその家の子供さんが、エサをあげたらなついてきてその家に上がりこんで数日間過ごしていたそうです。首輪もなかったので、このまま飼おうかという話にまでなっていたそうですが、やっぱり飼い主が探しているかも知れないという事でその日警察に届けたそうです。
後日、そのお宅にお礼に伺いましたが、私の自宅と同じ町内であまりにも近かったので驚きました。コロも帰ろうと思えばすぐに帰れる距離でした。余程、そのお宅の居心地が良かったのか、我が家に帰りたくなかったのか・・犬が何千キロも旅して昔の我が家に辿りついたという話はよく耳にしますが、我が家のコロはそんな気はサラサラなかったようです。

犬と猫を同時に飼うということ

うちでは犬を1匹と猫を4匹を一緒に飼っています。それを目の当たりにした友達や知り合いからよく「犬と猫を一緒に飼ってるけどケンカとかしないの?」という質問を受けますが、うちの子たちは本当に仲が良くてケンカをしたことがありません。時々じゃれあう程度で猫からちょっかいかけられて犬が一方的に降参することはよくありますが。元々猫を先に飼っている中に後から犬を向かい入れており、当初こそお互い警戒しあっていましたがすぐに打ち解けあって今では同じ釜の飯を食べ合う間柄です。犬の頭の中では自分より猫達のほうが序列が上になってるように考えてるようで、餌を食べるときも猫たちに席を譲るような動きをしたり、部屋の中を動くときも猫の後をついていったり、まるで昭和の夫を立てる妻のごとき振る舞いを取ってます。寝るときに時々猫が犬の寝床に潜り込んで一緒に寝たりもするのですが、犬が猫に気を使ってしまうようで犬のほうがずっと起きているという状況になったりもします。猫の方も犬に無関心といった体ではなく、犬を散歩させている時に遠巻きについてきたり独特の関係を築いて生活をしています。
一つになるのが、犬はなぜかドッグフードよりキャットフードを好んで食べ、猫はその逆にドッグフードの報を好んで食べる逆転現象が起こっています。もしかしたら犬の頭のなかでは自分は猫のつもりで、猫はその逆になってるのかも?もし人の言葉を話せたら聞いてみたいところです.

コーギー犬を飼って困ったこと

コーギー犬を飼って困ったこと、そしてその対処法をご紹介したいと思います。

まず、そのコーギー犬ぞんはペットショップで買いました。
その時の彼女が一人暮らしで一人のときさびしいと言うので買うことになりました。
その後、彼女がとてもアパートでは飼えないといって我が家に来ることになりました。
なぜコーギーにしたかというと、昔から可愛いなと思っていたのですが、
一番安かったからです。
ほかの犬種と比べると5万円ぐらい安かったです。
昔からコーギーのプリプリのお尻がとても気になってもいました。
子犬とあってその可愛さは100倍でした。
まるでぬいぐるみのような可愛さでいつ写真を見ての見とれてしまいます。

しかし飼ってみて思ったことはコーギー犬はむちゃくちゃ活発なことです。
見た目は室内犬のような見た目でしかも胴長短足でずんぐりむっくりしているので、
とても運動が好きな犬種に見えなかったのですが、いざ飼ってみるとぜんぜん違いました。
部屋の中で走り回るは、服は引っ張るは、ものは噛んで壊すは、とても目が離せません。
部屋の中の電気機器はとりあえず届かないところまで上げました。
パソコンでコーギーのことを調べてみると運動量は柴犬よりも上で、シェパードとかと同等の
運動量を誇るようです。
そして一番大変なのは、散歩のときです。
我が家には先住犬の雑種の犬がいるのですが、その犬を目の敵にして吼えて噛み付こうとします。
散歩は一度にするのが楽なので散歩に行くときは必ず二人以上で行かなければなりません。
散歩は先住犬のあとを追うようにするのですが、そのときものすごい引っ張られます。
母などは、ぞんの散歩に行った後は肩が痛くなるほどです。
せめて引っ張りだけは何とかならないかとインターネットで調べたところ、
引っ張り防止の胴輪があることを知り、購入しました。
引っ張り防止の胴輪をつけると以前の引っ張りの半分ぐらいの引っ張りになりました。
もし飼い犬の引っ張りを防止したいのなら、引っ張り防止の胴輪はお勧めです。